IMG_6549.jpg

BLOG​
ブログ

検索

【コラム】大光量よりも小型軽量ランタンを複数個持つことのメリット。

更新日:8月15日


アウトドア用のLEDライトは、実に様々な製品が販売されているのでどれがいいのか迷いますよね。 ここ最近の傾向としては、ものすごい明るさの大光量で大きなバッテリー容量のモデルが流行だと思います。実際に私も何個か持っています。 これを実際に使ってみるとわかるのですが、LEDの光は指向性が強いため、光量が強ければ強い程、モノに光があたった時に影が濃く出るんですよね。 めちゃくちゃ明るい部分と、真っ暗な部分の陰影がはっきり出てしまいます。 例えると、顎にライト当てて「お化けだぞ〜」とやったことがあるかと思いますが、こんな感じで陰影が濃く出るので顔がはっきりとわかりづらくなるのですが、これと似たような状況になるため、意外に使いずらいというのが大光量LEDのデメリットのひとつかと思います。 ですので、私がオススメするのは、超強力なライトを1個で照らすよりも、明るめのLEDライトを複数個で照らした方が使い勝手としては格段に良くなると言うことです。 こうすることで光束同士が重なるため、影の極端な陰影が少なくなり、まんべんなく照らせるので、BBQなどの食材も美味しく見えるようになります。 また複数あることで、寝るときにインナーテントに持って行ったり、トイレに行くときに 持って行ったりと必要な場所に手軽に移動できるのもメリットのひとつです。 ピッコロランタンに限らず、小型軽量で200ルーメン程度の十分な明るさがあるランタンを複数持っているととても便利なので、ぜひ試してみていただければと思います。

70回の閲覧0件のコメント